神の御国の聖徒達を建て上げる 私たちの学校にいらっしゃいませんか?


①プレイタイムー教師との会話についてー

一日の最初に遊ぶ時間を設けることが、その日の学習に非常に有効であるという研究結果を基に、この時間を設けています。園児たちが一日のアクティビティーを始めるにあたり、積極的に参加するという雰囲気を作り出します。また、遊びの中で自然に英語を話すという時間にもなります。子どもは遊びの過程で学ぶといった研究結果も出ているように、自ら経験し学ぶことにより、言語をより深く理解することができます。この時間は英語と自分の生活を繋げる役割を果たしています。遊びの内容は、その月ごとのテーマに沿ったものを採用しており、園児たちは教えられた単語やトピックを自然と口にするような機会を得ることができます。

②バイブルタイム(英語)

バイブルタイムは、聖書のストーリーを学ぶ時間です。クラスは英語で行われ、教師が聖書のお話を読み、園児たちが質問に答えていきます。即興的な会話やボキャブラリーを学ぶだけではなく、良い人格を形成するために重要な要素を学んでいきます。この時間でも、各月のテーマに沿った同じストーリーを一ヶ月間学んでいきます。毎月、園児たちは、聖書の箇所を記憶し、暗唱できるよう練習します。聖書の箇所を簡単に覚えることができるように、それぞれの聖書箇所に曲をつけ、園児たちが歌い、踊り、楽器を演奏して楽しめるように工夫しながら、毎朝バイブルタイムを行っています。

③サークルタイム(英語)

教師の指導のもと、園児たちが円になって座り、一日のスケジュールを確認します。その後、各月に沿ったテーマと、その日のトピックを話し合います。
また毎日違った質問を用意しているので、その質問について話します。カレンダー(何月何日何曜日)、天気等についても、この時間に話します。

④ラーニングセンター(英語)

園児たちは、少人数のグループに分かれて、様々な種類の手作業のアクティビティーを行います。通常は一日に3つのアクティビティー・センターがあり、園児たちは順番に違うセンターへ移動し学習していきます。このアクティビティーの内容は毎日変わります。様々な種類の学習活動により、園児たちは学習の過程を楽しくエキサイティングに行うことができ、より多くのことを経験することができます。これらのアクティビティーも毎月のテーマに沿っており、算数、理科、フォニックス、リーディング、ライティング、ボキャブラリー等を学んでいきます。アクティビティーの内容は、ゲーム、算数、アート、リーディング、ライティング、理科実験、パズル、クッキング、微細運動技能を用いるものなど、多岐にわたります。

⑤ランチ

園児たちはお弁当をクラスルームで食べます。ランチタイムでは、園児たちが良い衛生習慣を身に着けることも目指します。
食前には手洗いし、食後には必ず歯を磨くように指導しています。

⑥外遊び

ランチ後、園児たちは教師とともに近くの公園で遊びます。また、バルコニーのプレイエリアで遊ぶ日もあります。
天候がすぐれない場合は、スクールの会堂で運動を行います。

⑦日本語クラス

私たちは、日本に住む園児たちにとって、日本語教育も非常に重要だと考えています。日本語クラスは一日30分から45分間行われます。
くもんのカリキュラムを取り入れており、ひらがなの読み方や書き方を学び、日本語の歌にも親しみます。また絵本の読み聞かせも行います。
基礎的な算数のコンセプトを学びながら、物の数え方も学びます。

⑧クロージングタイム

園児たちはお片付けをし、帰宅する準備をします。時間内に終わらなかったアクティビティーはこの時間にもう一度取り組みます。
その日に学んだトピックとボキャブラリーも復習します。