ベランダでの出来事

Friends ホーム 学部紹介 ビジョン 学費 ブログ アクセス お問い合わせ 専用ページ

☆水遊びその1

友達とお店屋さんごっこをしているリスちゃん(4歳)。

「先生にジュース作ってあげるね。何がいい?」

ーじゃ、イチゴのジュース下さい。

「はい、どうぞ。」

コップを渡された。ゴクゴク(飲むふり)

ーわあ。冷たくておいしい。ありがとう。(中身をこぼして空っぽのコップを返す。)

リスちゃん、ギョッとした顔で

「ほんとに飲んだの?」

 これは、「うぇー!ほんとに飲んじゃったの?!」という無邪気な子どものトーンではなく、お母さんが子どもを心配しているような言い方だったので、笑ってしまった。

別の日、リスちゃんは、おままごとのシンクでお皿を洗いながら友達と喋っていた。その仕草がこれまた、まるでちっちゃいお母さん。

お母さんたちは、子どもたちに見られているし、コピーされている。

 

☆水遊びその2

子どもたちが3~4人、しゃがんで地面をみながら、なにやら喋っている。

「なんだろう?」

「鳥のフンじゃないの?」

なになに?と覗き込むと、の種。

―ああ、これはこの前、大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんが、割りして食べてたから、その種が落ちたんじゃないかな?

それをきいたウサギちゃん(4歳)種をつまんで

「これさ、撒いたらがなるんじゃないの?」

―ほんとだね。じゃ、そこに植えてみようか。

プランターのお花の隣のちょっとあいたスペースで、指で土に穴をあけて、植えてみる。上から土をそーっとかけて、と。

ウサギちゃん、早速ジョウロに水を汲んできて、水やり。

、なるかなぁ?」

わくわく、ニコニコ嬉しそう。

…と、数秒後、ふと真顔になり

「でもさぁ、この土って、がなる土なのかなぁ?」

―うん。確かに。…っていうか、詳しいね!

『大切なのは植える者でも水を注ぐ者でもなく、成長させてくださる神です。』Ⅰコリント3:7

 賢い子どもたち。みんなは大きくなったら何をしているのか、神様のご計画を色々想像するのが私の楽しみだ。

後日、芽が出ているのを発見!!

 

幼稚園Music担当じゅんこ