ホーム ビジョン 学部紹介 学費                              ブログ お問い合わせ 専用ページ B O G L

スペシャルなスクール・キャンプ!

 

私たちのスクールでは、毎年11月に3年生から9年生が参加する「スクール・キャンプ」を実施しています。例年ならば、大阪府立青少年自然の家に2泊3日宿泊し、山の美しい自然の中でチャペル・タイムやスポーツ・ゲーム、オリエンテーリングやハイキングなど、友だちや教師たちとともに楽しい、特別な時間を過ごすのですが、今年はコロナウイルス感染予防のため、宿泊を控え、9時から3時半のスクール・タイムに2日間に亘り、特別なプログラムを持ちました。

第1日目。アイスブレーキングのゲームを楽しんだ後、チャペル・タイムに入りました。教師たちのプレイズ・バンドに導かれて、生徒たちは神様に心からの賛美を捧げ、「あなた方は皆、輝く宝石のようです。あなたはわたしの目には高価で尊い、大切な子どもです。わたしはあなたを愛しているよ」と語りかけてくださる神様に心を開き、思いを向けました。

その後、スクール・バスで万博公園に向かい、澄み切った秋空の下でスカビンジャー・ハントを楽しみ、ピクニック・ランチを満喫した後、VS Parkで思い思いに遊ぶ時を持ちました。

第2日目。この日は少し長めのチャペル・タイムを持つことから始めました。賛美曲に合わせてジャンプしたり、手を挙げたり、手を叩いたり、それぞれが神様に心からの賛美を捧げていました。今年のキャンプのメッセージ・ポイントは、「正しいことを選ぶ大切さ」でした。私たちの毎日の生活は、自己選択の連続です。神様は1人ひとりの人生が成功し繁栄することを願っておられるので、私たちがいつも自分と周りの人々の益となる選択をしていくことを期待しておられます。聖書はそのための知恵に溢れています。旧約聖書の時代にイエスラエル王国を確立したダビデ王が若い時からその生き方としていたように、主を畏れ、「私はいつも主を前にしています。主が私の右におられるので、私は揺るがされることがありません。それゆえ、私の心は喜び、私の胸は喜びに溢れます。(詩篇16篇7~8節)」と告白する歩みをしていくことを生徒たちに励ましました。

チャペル・タイムの後は、室内でのゲーム・タイムです。ゲームはすべてチーム対抗で行われているため、昨日からの持越しポイントを増やしていくため、イエロー・チーム、ブルー・チームそれぞれがチーム・ワークを存分に発揮し、次から次へと技を必要とするゲームに果敢に挑戦しました。その後、皆でランチを取った後、スクール・バスで五月山体育館へ移動。初めてのハンドボールの対抗試合で、戦いはさらに白熱し、結果、ブルー・チームが勝利を収めました

今年はいつもとは違うスクール・キャンプでしたが、生徒たちの心にいのちを輝かす何かが刻まれたことを信じ、感謝しています!