ホーム ビジョン 学部紹介 学費                              ブログ お問い合わせ 専用ページ B O G L

もうすぐクリスマス

 

早いもので、もう年末。忙しくて頭から煙が出ていませんか。そんな時は天才的な発想の彼らに笑顔をもらいましょう。
✳️歌の練習で
♫とりがうたい いずみがわく
イエスさま たたえよう♩
バジルくん(4歳)から指摘があった。
「これ、どうして『い』なの?『ね』じゃない?」指差したところは「泉(いずみ)」。
ん?
♪鳥が歌い ねずみが……
「い」が「ね」に変わると大変なことに!
泉っていうのはね…と説明したけど、わかったかな?
✳️ある日の午後
「あら?絆創膏!その指どうしたの?」
M「料理してたらナイフで切ってしまって…」
「あらー⤵︎何切ってたの?」
M「蕪。」
かぶ?ほぉほぉ。」
M「蕪は硬いよねー。結構ザックリ(指を)…」
「いやぁー痛そう!!」
そういえば彼女はボウルと泡立て器を持つ手が板についていた。ケーキを作る手順も詳しく教えてくれたこともあったっけ。
「色んな料理、上手に作れそうやねえ。」
M「いやぁー、それは無理でしょう!」
「またまたー。出来るんじゃないのー?」
M「だってまだ4歳だから!
主婦同士か!と、つっこまれそうなM=ミントちゃん(4歳)との会話でした。
✳️結婚について
Aくん「みんな大人になったら結婚したいって思うようになるんだって。」
Bくん「ぼく、大きくなったらママと結婚するねん!」
Cくん「ぼくも、ママと結婚する!」
Aくん「BくんとCくんが大きくなるまでママは何年も待たないといけないから、年がいってしまうよ。それに、ママや妹やお姉ちゃんとは、結婚できないねんで。」
「えっ…」BくんとCくん顔を見合わせ困惑している。みんなママのことが大好きです。
✳️すごい偶然
ライムくん「ねぇ、みかんちゃん。みかんちゃんのばあばも、ばあばっていう名前なんでしょ?ぼくのばあばも、ばあばっていう名前やねんで!」
みかんちゃん「えーっ!ほんまに?一緒やなぁ!」
これは数年前に幼稚園児だった子どもたちの会話です。何年かに一度、4歳〜5歳児が似たような会話をしていて、パパのバージョンも聞いた事があります。ばあばや、パパの本当の名前を知った子どもたちの反応が見てみたいです。
クリスマスプログラムに向けて練習の毎日ですが、子どもたちは賢く頑張っています。体調が守られる事と、楽しい時間が持てる事を期待しています。